• ユミブライダル
  • ユミ画像
  • 東京大田区の 結婚相談所

お知らせ Information

2021年07月21日

コロナ禍の婚活で気をつけたいこと。

東京都大田区鎌田の「話せる・頼れる結婚相談所」ユミブライダルの仲人アワイユミです。

コロナが流行り出し早1年半。
婚活の現場では今まで聞いたこともなかったご相談内容が増えました。

それは・・・
コロナに対する感覚の違いに戸惑う声。
「お相手がコロナに神経質すぎてオンラインでしかデートができない。近づけない」
「職場が外食NGで食事の機会が持てない。食事のマナーなど確認したいのにできない」
「お相手がマスクから鼻を出したままにしていて不快」
「お相手が勝手にマスクを取って話をしてきて不安」
「どうやらコロナを気にせず飲みにいっているらしい」
「自宅飲みならうつらないと思っているらしい」
「自分は一人暮らしだからうつっても誰にも迷惑をかけないと言っていた」
「コロナワクチンを早く打つように勧められた」
「コロナワクチンを絶対に打たないほうがいいと止められた」などなど。

もうね、本当に一人一人の感覚が千差万別過ぎるので大変よね。
しかも月日によって状況が変わり、出てくる情報も変わるし増えるしで。
感染状況も相まって皆さんの感覚も変わっていくからさらに複雑よね。

これってどうしたらいいんだろう?

夫婦でもすれ違う。


うちの夫婦間でコロナワクチンを巡って本当にあった話。

6月、夫から「会社で職域接種があるからユミちゃんも受ける?」と聞かれました。
その頃は私はまだワクチン接種自体に少し抵抗感があったのと、接種会場が都心で面倒臭いのとかなり人数が集まることに心配な気持ちがあって返事を渋ったのです。
でも「2人一緒に受けられるなら受けたい気もするけど勤務中だし無理だよね?」とも聞くと、
夫は「一緒は無理だと思う。しかも職域接種はモデルナだし俺もいやなんだよね」と言っていて。
私はどのメーカーでも関係なかったので夫の言うことが意外で「じゃあ職域接種は見送るんだな」と認識していたのです。

それから数日かけて私はワクチンについて勉強しだいぶ不安が払拭できたので
「大田区には体が不自由だったり子育て中で遠出ができず大田区内でしか受けられない人がいる。
それなら元気な私が都心まで出る事を渋ってる場合じゃない」と考え直し、夫に職域で受けようと伝えてみました。

そしたらなんと!!

え!もう遅いよ。俺だけ申し込んだ。
だってユミちゃん受けたくないんでしょ?と(汗)

夫は私が完全に怖がってワクチンを拒否したと思い込み、ワクチンを強要することは良くないと思って1人で申し込んだ。
私は夫がモデルナ製を嫌がっていたし、ご家族もどうぞという職域接種の機会をまさか自分1人だけ申し込むなんて思いも寄らなくて。
もし申し込むとしたら絶対に私にも再度相談してくれると思い込んでいたので(私なら1人で申し込むことなどあり得ないので)、かなりショックを受けてしまいました。

その後2人で今後こういうことがあった場合どうすれば誤解がなくなるのか話し合いましたが、夫は最後の方かなり面倒臭そうで笑

なので、きっとまたこういうことがあるんだろうなと思いながら
私はこれを機に
大事なことはふんわり話すのではなく、端的に自分の考えを伝えなくてはなと反省しました。

「今は不安があるから返事を考えさせて。
申込期限までワクチンについて勉強してみるから申し込み期限を教えて。
職域なら2人で受けたいから一緒に受けられるかどうか確認して」
と言えば良かったんですよね〜
自分の考えを端的に伝えるのって意外に難しい。
食後のくつろいだ時間で出た会話だったもので完全に油断してたわ。

まあ後日、無事私も大田区で予約できたので今ではちょっとしたネタですが。





自分の感覚は他人と共有しづらいと認識する。


私たち夫婦は結婚18年。比較的仲が良い方だと思います。
そんな仲でもこうやって相手の考えていることなんてわからないんです。

ましてや今はコロナという未知で常に変化し続けるものと対峙しているわけで。
別々の環境で生きている、婚活で初めて出会う相手だったら全くわかりません。

まず自分の感覚が当たり前、それを配慮してもらえることが普通だと思っていると余計に難しい。

確かにコロナに対する感覚はその人の性格がよく現れると思います。
もともと繊細な性格の方はやっぱりナーバスになっている人が多い。
そして何かを言ったら無頓着に振る舞っている(ように見える)相手の気分を害してしまうんじゃないかと遠慮してしまう。(結果相手を嫌いになる)

性格によってコミュニケーションの取り方にも特徴があるので、自分がどちらに当てはまるか自覚しておくことも大事です。
自分のコミュニケーションにかけているものを足していく努力をしましょうね。
繊細な方は気にせず率直に伝える勇気を。
大らかな方は相手をさらに思いやる言葉をかけてみると良いと思います。

婚活相手はどういう考えや感覚を持っているのか全くわからない。
まさにこれからお互いを知っていく相手なのです。
性格は受け取り方によっては長所が短所になり短所が長所になります。
コロナで自分の長所が短所に受け取られないよう、できるだけ気をつけて言葉を尽くしましょう。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

入会面談前のご質問・軽いご相談など大歓迎!
月1~2程度でイベントやパーティー情報、役立つヒントなどをお知らせします。
良かったら友だち追加お願いしま~す。
友だち追加

LINEからのお問合せは友だち追加をして以下の内容をメッセージでお知らせ下さい。
1、お名前
2、年齢
3、婚歴(再婚者の方はお子様の有無も)
4、お住まい(市区まで)
5、お電話番号
6、ご職業
7、昨年度の年収(男性のみ)
8、面談方法のご希望(オンラインor対面)
9、面談希望日時(3日ほど)
10、何かユミへのメッセージ
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


★メールでのお問い合わせはこちら↓から

 

 

 

 

関連記事

お問い合わせ

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • tel