• ユミブライダル
  • ユミ画像
  • 東京大田区の 結婚相談所

お知らせ Information

2020年01月16日

「描くことは生きることそのもの」34歳Yさんの成婚レポ①

東京都大田区蒲田の「話せる・頼れる」結婚相談所YUMIBRIDAL(ユミブライダル)の仲人アワイユミです。

今日の記事は34歳の美術系アーティストYさんの成婚レポートです。
活動期間は2年。作品の創作などで休会をはさみつつ地道に頑張りました!

私ったらYさんに成婚レポートを書いてもらうのをすっかり忘れてしまっていて。
時を越えて、既にママになっているMさんに改めて婚活中のことを思い出してもらい、このレポートを書いてもらいました。(ごめんね!ありがとう!!!)


ユミブライダル会員:34歳Yさん
×
お相手会員:39歳公務員のWさん
小柄で可愛らしい見た目からは想像できないような情熱の炎を
心に燃やしているY
さんに対して
落ち着いていて優しすぎるくらいの雰囲気ながら
どこか頑固さを持っているようなWさん。

彼はYさんが何よりも大事にしている創作活動を理解し
心から応援してくれる方でした。
 
 
  ユミブライダルに入会した理由
 

♥Yさん
IBJ加盟の相談所に入会したいと思い調べていたところ、ユミブライダルのブログを見つけました。
ユミさんと面会した日に実は別の相談所の話も聞きに行っていたのですが、その後ユミさんにお会いしてユミさんの親しみやすい雰囲気と明るい笑顔に惹かれてここで活動しようと決めました!

♥ユミより
Yさん、そういえば入会面談の時、「ユミさんの笑顔が神々しく見えた」というようなことを言ってくれたね(笑)
そんなことを言われたのは初めてでびっくりしたんだけど、私も誰かに頼りにされたり安心感を感じてもらえるようになったのかなと嬉しかったです!
そして、そうやって笑うMさんもお肌つやつやつや柔和な表情で「あ~眼福眼福☆」と私も思ったりしていました。
Yさんとは名前が一緒ということもあったし、私が昔通ってた町にYさんが住んでたりと色々と共通点があり、かなり縁を感じた出会いでした。 

 

ユミブライダルに入って良かった点

♥Yさん
ユミさんも相談所での婚活経験者ということで相談しやすく、まずは私の気持ちを肯定した後にアドバイスを下さったのが良かったです。
お見合いがうまくいかないときは自己肯定感が著しく低下しましたので…。
途中活動に疲れてお休みしたこともありましたが、特に何も言わずにあたたかく見守って下さったのもとてもありがたかったです。


♥ユミより
Yさんは自分を見つめて常に思考を深めているからこそ、婚活で心が疲れてしまうんだなっていうことをよくわかっていたのです。
だけどYさんには「安心できる場所が欲しい、リラックスしてのんびりできる家族を作りたい」という明確な目標があったので、きっといくら休んでも絶対に目標(結婚)をかなえるだろうなという確信がありました。
だからあまり急かさずに「休み休みでも続ければ必ず辿り着くだろう」と思って見守っていました。
そのほうが気が楽だろうし、良い結果に繋がるのではないかなと思っていたので。


ユミブライダルに入って悪かった点。直してもらいたい点。

♥Yさん
特にないです。


♥ユミより
良かった!!

 

 

結婚相談所での活動を終えて思うこと。
(やって良かった、イメージと違った。こういうところが大変だった。などの感想)

♥Yさん
・私の活動歴は2年くらいでしたが、その間に沢山の人に会い、お見合いを繰り返す中で対人コミュニケーションを学べたなと思います。
初めは相手がどんな風に接してくれるのかばかり気にしていましたが、最後の方は自分が相手にどう接すれば自分のことを理解してもらえるかを考えていました。

・婚活って自分の棚卸しのような感じがします。
普段生活していると、自分は何が大切で、どんな生活がしたいのか?知っているようで案外よく分からないものです。
社会人になってから自分をこんなに見つめ直すことはなかったように思います。

・私はファッションが好きなので、普段着ないようなフェミニンな洋服を選んだりするのが楽しかったです。
お見合いに行くときもお洒落をすると気分が上がりました!

♥ユミより
「自分は何者なのか?」ということをどう伝えていこうかを試行錯誤した2年間でしたね。

「描くことは生きることそのもの」と言って、アーティスト(表現者)であることを全面的に受け入れて欲しいと考えていたYさん。
その前に「一人の人間」「一人の女性」として愛してもらうことが大事だと言い続けた私。

「どれもYさんの大事なパーソナリティーだから男性に受け入れてもらいやすいように伝える順番を考えようよ」と伝えていたつもりが、今思えばあんまりうまく言えてなくてYさんを傷つけてしまったこともあったかな…と反省したりもしました。
Yさんにとってはアーティストの部分を隠さなくちゃいけないと感じてしまったようで、何度か白熱したディスカッションをしたこともあったよね!

フェミニンなファッションを楽しんでもらえてて良かった!
けして本来のYさんじゃダメというわけではなく、フェミニンの中でもYさんらしい表現ができるのでは?と思っていました。

Mさんの婚活の一つの答えが↓この一文に詰まっているんじゃないかな。
初めは相手がどんな風に接してくれるのかばかり気にしていましたが、最後の方は自分が相手にどう接すれば自分のことを理解してもらえるかを考えていました。

結婚生活の中での細かいこともそれぞれのポリシーも、どう接すれば理解してもらえ、分かり合えるのか?を模索していくことが大事だと私も常々思っています。

 

「描くことは生きることそのもの」34歳Yさんの成婚レポ②

 

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
入会面談前のご質問・軽いご相談など大歓迎!
月1~2程度でイベントやパーティー情報、役立つヒントなどをお知らせします。
良かったら友だち追加お願いしま~す。
友だち追加
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


メールでのお問い合わせはこちら↓から。

 

 

関連記事

お問い合わせ

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • tel