• ユミブライダル
  • ユミ画像
  • 東京大田区の 結婚相談所

お知らせ Information

2017年08月03日

旅行大好き!40歳女性×45歳男性の成婚レポート②

 

今回も前回に続き、40歳女性R子さん×45歳男性Kさんの成婚レポート続きです。世間の常識?婚活業界の常識?ではアラフォー(ましてや40over)の結婚は難しいとまことしやかに囁かれていますが、そんなことはない!!YUMIBRIDALは多くのアラフォーさん達が成婚していますよ。ただ、R子さんはじめアラフォーさんで成婚していった方の共通の特徴は「素直で柔軟であること」です。アラフォーともなるとどなたも自分のスタイルが確立してるので他人を受け入れにくくなってしまいます。でも、これから結婚したい!誰かと生きていきたい!と思うならお互いが心地よく譲り合う・受け入れ合う気持ちを持つことが必須。今回のR子さんKさんカップルはまさにそれができているカップルなのです。

 

YUMIBRIDAL会員 40歳会社員R子さん(活動歴11ヶ月):お相手 45歳会社員Kさん(活動歴1年ちょっと)
お祝会のお2人。左手薬指に光るキラッキラの婚約指輪をはめて笑顔もキラキラのR子さん。
KさんはR子さんがお礼にプレゼントしたスーツ姿。R子さんから「Kさんはファッションに余り興味がないんですよ」と聞いていたけれど、
身体にフィットしたスーツをしっかり着こなしたKさんも素敵でした。

 

⑤  相談所への入会を迷っている方へのアドバイス。

*R子さん 迷ってる間にも歳をとります。私のような妙齢の方は特に、迷ってる時間が勿体ないので勢いで入会してみるのもアリだと思います。

*Kさん  婚活は自分の思うように進まないことがあるかもしれませんが、現在の自分自身を見つめ直し自分の将来について真剣に考えるいい機会になると思います。 

*yumiより R子さんのコメント、思わず赤文字&太字にしてみました!1歳でも若いうちの活動をオススメするのは「婚活には若いほうが有利」という考え方からではありません。結婚後、子どもを望んだ時には1か月1か月が大事になってくるからです(妊娠できるチャンスは年に12回しかない!)!年齢が関係あるのは女性だけではなく男性もそうです。何歳でも子どもを望む男性は多いですが、同じように子どもを望む女性は歳を取った男性を選びません。男性も加齢による不妊リスクがあるということもわかってきています。あとは、悩んだり不安でいる時期を無意味に延ばさないで欲しいです。人生は思ったよりも短いです。解決の糸口がないまま不安でいるよりは、解決の道をたどりながらのほうがきっと早く安心が訪れるので!


⑥  すでに相談所で活動中の方へのアドバイス。
(お相手への見方・接し方で気を付けていたこと、活動においてつらい気持ちの解消法、なぜご自分が成婚することができたか?など)

*R子さん 

1 お見合いの最初の挨拶は自分から笑顔で

・お見合いの最初の挨拶は、自分から笑顔ですることを心がけていました。初対面はどうしても緊張してしまうので、それをほぐすためにも。自分がそうされたら嬉しいですし。あと、お見合いはホテルのロビーで待ち合わせの事が多いのですが、同じようにお見合い(と思われる)の人たちがいて、時間になるまで柱の影に隠れて立っている人(!)、真顔でスマホに夢中の人など、、いろんな人がいました。
待ち合わせの時間より早くても、お相手の姿が見えたらサッサと挨拶して席に着いたらいいと思います。

2 お相手が気持ちよくなるお見合い・交際を

・お見合いの時や交際したての頃は、自分が話し下手なので、お相手の方にたくさん話してもらって気持ちよくなってもらおう、と思って接していました。(それが裏目に出て疲れてしまうこともありましたが…)

3 自分の理想の相手や生活をリストアップ

・自分の理想の結婚相手や結婚後の生活を細かく書き出してリストアップして、掘り下げてみることがオススメです。
私の場合、旅行が好きなので同じように旅行好きな人がいいな、と思っていましたが、色々書き出していくうちに整理されて、単に旅行好きかどうかということではなくて、フットワークの軽い人がいいんだ!と気づいたりしました。
(結婚してから改めて読み返してみたら、ほぼリストのとおりでびっくりしました)

4 期限を決めて活動を

・自分で期限を決めて活動した方がいいです。その期限までは婚活最優先で、仕事や友達付き合い、旅行は二の次、三の次と割り切ることも必要かと。
活動中は未婚の友達とは意識的に距離を置いていました。
また、私は期限を一年間と決めて活動していました。会社勤めなので、仕事は自分がいなくても回るし、一年会わなくて関係が切れるようなら友達じゃないし、旅行は結婚してからでも行けるし、と思ってました。婚活はダラダラ続けていても疲れますし、成果が出にくいと思います。

*Kさん お相手から交際を終了されてしまう際に告げられる理由にはかなりへこむことがありましたが、的を射た意見も多く、婚活云々ではなく一社会人として真摯に受け止めるようにしてお相手に感謝するように心掛けました。また、私はお見合いを申し込んでもOKの返事をもらえることが少なく、申し込んでもらえることも多くはなかったので、申し込んでもらえた際は必ずOKしてチャンスを大切にするように心掛けました。

*yumiより R子さんからのアドバイスはまさに私が他会員さん達に常日頃お伝えしていることです!R子さんが実践していたことはどれも大切な婚活ポイント!特にモチベーションを保つのが苦手な人には「理想のリストアップや期限を決めること(目標設定する)」ことが大事。集中して婚活をすることによってお相手への許容度が上がっていくからです。R子さんの真面目でひたむきな婚活ぶり、こうやって書いてくれて改めて頭が下がります!本当にKさんという良いパートナーに出会えて良かったね!!!!

Kさんのレポートを読ませて頂いて、こちらも謙虚で真面目な性格がよくわかりました。お相手からの指摘を受けて感謝するよう心掛けられる人はそう多くないと思います。そんな人格的にも素晴らしいKさんでもうまくいかないお見合いや交際を乗り越えてきました。そう思うと今婚活に苦戦している女性達はきっとKさんのような内面の良さがある男性を見逃している可能性があるかも!さらに相手を深く知る気持ちで接していって欲しいと思います。
 

次の記事はそんなお2人の第一印象から結婚の決めてまで(最終章)をお送りしますね。

 

関連記事

お問い合わせ

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • tel