• ユミブライダル
  • ユミ画像
  • 東京大田区の 結婚相談所

お知らせ Information

2021年03月17日

毎日LINEを返すのがしんどい女性へ

東京都大田区蒲田の「話せる・頼れる」結婚相談所YUMIBRIDAL(ユミブライダル)の仲人アワイユミです。

婚活で出会った男性からもらう毎日LINE。
それをしんどいと感じる女性はとっても多いです。

お見合いやデートでせっかく好感を持っても、毎日お相手からのLINEを受け取るうちにどんどん憂鬱になって、最後は嫌いになってしまう人もいたりします。
ユミブライダルの女性会員さん(アラサー以上)からも何度その相談を受けたことか…💦

毎日LINEの内容は「おはよう」「今何してる?」という挨拶系。
今日何食べた、どこ行った、といういわゆる「俺通信」。
そして一問一答みたいな質問系。

悪いと思って急いで返したら即レスが来てキリがない。
確かに度重なるとちょっとリアクションに困るし、しんどく感じてしまうのもわかるわかる!

なので私はうちの男性会員には
「よほどリアルで仲良くなるまでは毎日LINEしないこと。
デートとデートの間(一週間)にしていいLINEのやり取りはデートの相談と前日のリマインドだけ。
デートの間隔が空くなら一週間に1〜2回程度のみ。」
と伝えています。
よほどのLINE好き女子でなければ、それ位がちょうどいいのではないでしょうか?

 

なぜ毎日LINEはしんどいのかを考えてみる。




・「返さなきゃ」と義務感を感じるから。

毎日LINEをしんどいと感じる女性は「LINEをもらったら返さないと失礼になる」
「既読をつけたからには早く返さないと」と真面目な人が多いんですよね。

・薄い内容のLINEにはどう返していいかわからないから。
俺通信や唐突な写真など、正直「知らんがな」と言いたくなる内容だと白けるのは確か。
何もないところに無理やりリアクションするのはなかなか難しい。

・付き合っていると勘違いされているように感じるから。
こちらはそれほどまだその男性に好意を持っていないのに、まるで彼氏かのように振る舞われていると感じちゃう。
もしくは距離を詰めて来ようとするのが見え見えで萎えたり、怖いと感じる人も多いようですね。

・回数が重なるとこちらのペースを乱されて不快。
こちらの都合にお構いなしでたわいもないLINEがたくさん送られて来るとイライラする人も。
大人になると「親しい間柄でも大して意味のないLINEはしない」というのが暗黙の了解になるので、それすら理解していない相手のことが不安になっちゃいますよね。

・無駄に感じるから。
LINEだけの会話で関係性が深まることはないと考えていて、その無駄なやり取りに付き合わされていると思うと余計いやな気持ちになるみたい。



なぜ男性が毎日LINEを送って来るのか考える。





まず30代以上で婚活をしている男性は基本的には恋愛が苦手な人が多い。

毎日LINEを送ってくるような人は100%そうだと言えます。
(モテる男性はそんなことはしないもんね)
恋愛経験が少ないため、女性との適切な距離感がわからないし
女性が気に入るようなプローチ法を知らないのです。


オンラインゲームやSNSでの交流とリアルのそれを分けて考えていない人も多く
LINE上で仲良くやり取りする=リアルでも仲良くなると捉えているんですよね。
あと、リアルな場面でうまくアプローチする勇気が持てず
手軽に繋がれるLINEに頼っているのかもしれません。

あと女性の気持ちが自分に向いているのかどうか不安なあまり送り続けてしまう人も
💦

毎日LINEをもらっていると「付き合っていると勘違いしているのでは?」と感じる女性は多いですが
実は、男性側はあなたにものすごく惚れているとか距離を詰めようとしているわけではなく
「この子は近づいても大丈夫かな?受け入れてくれるのかな?」と温度感を確かめてる段階なのです。

お互い10代同士ならお互い柔軟性も高いし、時間もあるしで
そんなもんかなと対応してもらえるし、なんなら盛り上がることもある。

けれど30代以上ともなるとそうもいかず…
いつの間にか女性にフェードアウトされているという(涙)


毎日LINEにどう対応するか?


さて。
モヤモヤした感情と男性がなぜ毎日LINEを送ってくるかわかったところでどうするか?

そんなイケてない男性なんて願い下げ!
というのならここで読むのを辞めて下さい。

でも
毎日LINEがしんどいと感じるあなたがアラサー以上で
本気で結婚相手を探しているなら
ここから下もぜひ読んでください。

私は男性の婚活サポートもたくさんしてきている仲人なので
毎日LINEを送っちゃう彼らの中にも優秀で性格の良い男性がたくさんいることを知っています。

恋愛はちょっと下手かもだけど、あなたにとっては長きに渡って良きパートナーになってくれる可能性がある人達です。

LINEがまめな男性は真面目で誠実な人が多いので、結婚したらきっと良い夫・良い父親になってくれます。

イケてる男性は20代のうちにイケてる女性と結婚してしまうし、独身だったとしてもあえて婚活しなくても自然に恋愛できちゃいます。
婚活市場にはそうやって自然に恋愛が出来てない男性の割合が多いのは当然です。

男性の本質や自分との相性がわかる前に毎日のLINEだけで手放してしまったら、非常にもったいないと思いませんか?


というわけで、アラサー以上の婚活女性が毎日LINEにどう対応したら結婚できるか考えてみると…

「毎日LINEにはサラッと返事をすること」をオススメします!


別に無理して即レスしなくていいです。
軽く受け止めて深い意味は考えない。

朝に挨拶LINEが来ても昼休みに返してもOK。
俺通信には「おいしそうだね!」「良かったね」等で良いのです。
彼なりに気にしてくれてアプローチしてくれてるんだなと受け止めて、失礼にならない程度に返していけばいいのです。

毎日LINEを送ってくる期間はそう長くはない!!

毎日LINEなんて、付き合ったり結婚したりしてまで送る男性はいません。
どこかで意味ないと気づいたり、女性の温度感が分かってやめていきます。
仲良くなって「しんどいからやめて」と言えばたぶんすぐにやめます。


しんどいなと思って相手を嫌いになったら、実はそこで自ら大事なご縁を手放していることに気づいて欲しいです。

むしろ相手がアプローチしてくれている限りある期間なので鉄は熱いうちに打て!

その間に自分からデートに誘ってどんどん会って仲良くなってお互いのことを知っていって下さいね。




結婚したいなら自分も努力する。


すんなり結婚していく女性はそもそも「毎日LINEされてしんどい」とは思いません。

ユミブライダルで結婚が決まっていく女性会員さんたちも

「マメな人だなって思ってた。」とか「何も気にならなかった。」とか実にサラッとしたもんです。
中には「毎日毎日気にかけてくれてありがたかった」と言う人もいるくらい。
毎日LINEを良いとも悪いとも何の判断材料にもしていなくて、
会った時に相性の良さを感じるかどうかで判断しているんです。

そのメンタリティを学びましょう。


実は私も婚活時代、毎日来る連絡されるのは苦手だと思っていたクチなので
彼女たちの大らかさに最初は驚きました。
そして「こういう子達だからこそすんなり結婚できるんだな~」と感心しています。

毎日LINEをもらうのがしんどいのは、
相手の期待に応えようとしすぎる自分の生真面目すぎる性格だったり
相手はこうあるべきだという自分のおごりのせいかもしれません。

結婚生活には相手のペースに合わせたり、受け入れたりする気持ちがとっても大事。

男性だって女性にそれを求めているので、許容度の高い女性はすぐに選ばれて結婚していきます。

(許容度の高い女性はそれだけ選択肢が増えるのでより自分に合う男性を選べます!)

婚活は自分が選んでいるようでいて、同時に相手からも選ばれることを意識してみてね。
自分のこだわりを緩和し、相手を受け止める努力をしてみると良い関係が築きやすいのです。

毎日LINEしてくる男性は確かにその点において稚拙なのかもしれませんが
そこだけにフォーカスして拒絶してしまう女性ももったいないですよね。

婚活に苦戦している人は男女ともに不器用でこだわりが強い人が多いかな。
自分を大切にすることはとっても大事ですが、相手に合わせていくことで自分も成長したり、新たな楽しみを見つけることもありますよ!

誰と出会うか?ではなく誰とどう向き合うか?で道が決まって来る。
なるべくこだわりを緩和しながら歩んでいきましょう。

1人で婚活している方はなかなか自分のこだわりには気づけない。
ぜひ夫婦仲の良い既婚者の友人などに客観的なアドバイスを受けて下さい。
もし適した相談相手がいなければ、私が相談に乗りますよ!

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

入会面談前のご質問・軽いご相談など大歓迎!
月1~2程度でイベントやパーティー情報、役立つヒントなどをお知らせします。
良かったら友だち追加お願いしま~す。
友だち追加

LINEからのお問合せは友だち追加をして以下の内容をメッセージでお知らせ下さい。
1、お名前
2、年齢
3、婚歴(再婚者の方はお子様の有無も)
4、お住まい(市区まで)
5、お電話番号
6、ご職業
7、昨年度の年収(男性のみ)
8、面談方法のご希望(オンラインor対面)
9、面談希望日時(3日ほど)
10、何かユミへのメッセージ
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


★メールでのお問い合わせはこちら↓から

 

 

 

 

関連記事

お問い合わせ

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • tel